初期投資の少ない保育園の経営方法|経営の安定に必要な知識

情報管理を効率化する

レジスター

飲食店の利益を伸ばすには、経費を削減することが大切です。飲食店にPOSシステムを導入すると、大きな経費削減効果が期待できます。そして、独自の分析機能が搭載されていることも、POSシステムの人気を高めています。

もっと見る

ライバルがまったくいない

男性

他の企業との競合を避けるために、インドネシアへ事業の基盤を移すという手段があります。その際には、現地の事情に精通しているコンサルティングの専門家を頼りましょう。経営業務を分散できるので、売り上げの安定化まで事業の基盤づくりに専念できます。

もっと見る

体さえあれば開業できます

子供とレディ

規模を自由に決められる

新しく始めるビジネスとして一押しなのが保育園です。最近では専業主婦が少なり、その一方で共働きの世帯が増えています。家を留守にする機会がひと昔前よりも多くなったため、少子化が叫ばれている現代の日本でも保育園に対する需要はいまだに高めで推移しています。保育園の経営をおすすめする理由のひとつがコスト面の安さです。極論を言うと、保育園は体さえあればどこでも簡単に開業できます。せいぜい絵本などのおもちゃをそろえるくらいですから、初期投資に必要な金額はほかの事業と比べるとかなりおさえ目です。また、事業の規模を自由に決められるのも魅力です。大きな敷地があるのならたくさんの子どもを呼び込めばいいですし、反対に小さなマンションなどの一室を活用して少人数の保育園も可能です。

片方をプロに任せてしまう

保育園の経営は一度軌道に乗せてしまえばあとは比較的スムーズです。コロコロと保育園をかえる親御さんはめったにいませんから、一度ハートを捕まえてしまえばゴールは目前です。ただ、逆に言うと最初のお客さんを呼ぶ段階が一番に大切です。独学で経営方針を決めるのもありですが、リスクを極力なくすという観点に立つならばコンサルタントなどに助言をもらうのもありです。また、専門家にアドバイスをもらうと、自分がいますべき作業に集中できるというメリットもあります。たとえば、経営と保育園のプログラムを両立させるのと、片方をプロに任せてしまうのとでは、普通に考えれば後者の方が気持ちがラクです。もちろん、ゆくゆくは自分で経営のかじ取りをする時期も来ますが、最初のうちは頼ってしまうのも悪くないです。

ビジネスで成功するために

男女

ASEAN地域で最も人口が多いことや天然資源の豊富さなどの理由でインドネシアでの会社設立が非常に人気です。しかし進出したからと言って成功するわけではありません。事前の入念な準備や分析が必要です。そのためには実績の豊富なコンサルを利用するのが賢明です。

もっと見る