ビジネスで成功するために|初期投資の少ない保育園の経営方法|経営の安定に必要な知識

初期投資の少ない保育園の経営方法|経営の安定に必要な知識

ビジネスで成功するために

男女

進出前の注意点

ビジネスで大きな成功を得るために、今インドネシアへの進出が非常に注目されています。ASEAN地域の中では最も人口が多く、さらに天然資源にも恵まれているため、これからの経済成長が期待されています。そんなインドネシアで会社設立を行うことには大きなメリットがあると考えられます。しかし注意しなければならないこともあります。まず最低限知っておく必要があるのは、業種によってはそもそも参入出来ない分野もあるということです。内資100%と定められている業種がいくつか存在しているため、どんなに頑張ってもそもそも会社設立が不可能である場合があるので、事前に入念な確認が必要となります。そしてインドネシアのマーケットの把握も重要です。進出したからと言って成功するとは限りません。確かに魅力的な環境ではありますが、インドネシアで会社設立を行う明確な目的を持っておく必要があるでしょう。

コンサルを利用する

インドネシアがビジネスにおいて非常に魅力的な土地であることは事実であり、実際多くの企業が進出しています。しかしだからと言って簡単に出来るものではありません。当然ながらインドネシアの法律やマーケット、文化や国民性など様々なことに精通している必要があります。それらすべてを勉強できる時間があるのであればいいのですが、実際そんな時間のある企業は少ないでしょう。そんな時はインドネシアでの活動に実績のあるコンサルタントを利用するのが賢明です。確かにコンサルを利用する以上はある程度の費用がかかります。しかしむやみにインドネシアに会社設立して失敗するよりも、コンサルを利用して確実性を高めている方が結果的には利益に繋がります。